ゲイ出会い体験談~学生からフケ専の秘密体験談~

若者から老人まで、ありとあらゆる年代・セクシュアリティのゲイのエッチなアダルト体験 談を集めています。

Top > スポンサー広告 > 毎日やってると慣れるから我慢しろ ゲイ体験談について > 毎日やってると慣れるから我慢しろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日やってると慣れるから我慢しろ

僕がゲイになったのは、はっきり言って親父のせいです。

初体験の相手は親
父です。


最初は小学5年の時でした。

一緒に家の風呂に入っていた時に親父が「カズキも俺のチンポみたいに大きくなりたいだろう」って自分のデカチンをブラ
ブラさせながら僕に言った。

「うん」って答えると、僕を浴槽の縁に座らせ
僕の前に座りこんだ。

すると、いきなり僕のチンチンの皮を剥いて「こうやって皮を引っ張って頭を出しておくんだぞ」と言った。

「痛いよ」と言うと
「毎日やってると慣れるから我慢しろ」と言った。


それからというもの顔を合わせる度に「むいてるか?出して見せろ」と言う
のが日課になった。

うちは両親は僕が小学校に入った年に離婚してて、親父と2人暮らしだったんだ。

だから朝から台所でチンチンとか出しても問題ない(?)んだよね。


半年くらいたった頃かな、また一緒に風呂に入ろうって事になって、服を脱ぐ時にしっかりむいて入ったら「えらいぞ」ってほめられたよ。

そしたら「ちゃんと言う通りにしたから良いことしてやろう」と言って僕を立たせると
いきなり僕のチンチンをくわえた。

「ああ」って腰を引こうとすると、腰をがっちりつかまれて逃げられない。

僕は気持ち良くなってしまって、勃起しちゃったら、親父はネットリと僕のチンチンをしゃぶった。

とってもいい気持ちだった。

5分ぐらいしゃぶって、ようやくチンチンから口を離すと「これはチンポが大きくなるおまじないだ。人に言うと効き目がなくなるから絶対言うなよ」と言われたので、僕は頷いた。

それからは寝る時にも「おまじないするか?」と聞いてきた時にはあの変な気持ち良さがあったからしゃぶってもらっていた。

6年生の夏休みの時にいつものように風呂場でしゃぶってもらっていた時、いつものように気持ちが良くなったと思ったらオシッコが出そうになって「とうさん、おしっこ出そうだよ」と言ったら「いいから出してみろ」と言って口を激しく前後に動かしたんだ。

「でるぅ」って言う
と、いつものオシッコが出る時とは違う感じだった。

親父は僕が初めて出した精液を飲むと「カズキもこれで立派な大人だな」って嬉しそうに言った。


「いいか、大人になると気持ちいい時にチンポから白い液が出るようになるんだ」と言うと、すっかりギンギンにそそり立った自分のチンチンをしごいて精液を出してみせた。

タグ: ゲイ 体験談 小学生 親子 高校生 野外 中学生 大学生 レイプ ハッテン場

検索フォーム
興味のあるシチュエーション
or ワードを入力してみよう
記事カテゴリ(詳細)

体験談 ゲイ 高校生 野外 中学生 大学生 レイプ ハッテン場 女装子 外人 サウナ 小学生 海外 兄弟 変態 競パン アオカン 風俗 病院 同僚 上司 職場 ショタ 盗撮 ジャニーズ ヤンキー 仕事 親子 サークル 繁華街 イケメン オタク ニューハーフ 友達 

ゲイサイトリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。